最大17社
比較一覧表 無料

矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ
会社

必要な補償額

クルマの保険に加入する際には、普段からの安全運転をしっかり心がけてはいても、やはり万が一の時にはシッカリとカバーしたいものです。いくらぐらいの補償額があれば「十分」と言えるのでしょうか?

料金は補償額を増やせば増やすほど高くなります。当然ですよね。自賠責では定額制なので、料金など自分の意思で変更する事はできませんが、任意保険なら補償額を上下する事によって毎月の料金を調整する事も可能です。

ケチケチして切り詰めたい部分もあれば、ケチりたくない所などもあり、自分のライフスタイルや運転する車の状態などによっても補償部分を自分に合わせて調整する事が大切です。例えば、対人賠償などは、事故を起こした時に相手をシッカリと補償してくれるので、これは「無制限」にしておきたいものです。

しかし、車両補償などは、自分自身のクルマを修理する際に利用するものですし、車両をつけるかつけないかによっても毎月の料金がかなり変わってくるのも事実です。新車の高級車を持っている方なら車両もぜひつけたい所ですが、10年落ち以上のクルマに乗っている私のような場合には、削ってもあまり影響しない部分と言えるかもしれませんね。

また、クルマはほとんど通勤に使用し、同乗者を乗せる機会もほとんどないと言う場合には、搭乗者補償も補償額を低めに設定する事で料金を少しやすく抑える事も可能ですね。

比較・見積もり必須です!

あなたは金額・プラン・サービスに満足してますか?

もっと安くなります!見直しが必要です♪

無料

矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ

証券・車検証・免許所をご用意して頂くと入力が10分程度で完了します。
非常にカンタンです。